狂愛のサライ(フェローデザインコンテスト)

5周年でフェローデザインコンテストがありましたね!!!

私も応募しました~~^^

こんなんを・・・

普段お絵かきはしないド素人ですが、なんとかここまで形にした・・という感じ。

この子のストーリーが結構長々とありまして、それを公式に書きこむのは何だかなぁと思ったので。

以下に残します。

ストーリー(仮)

「狂おしいほど愛おしい」とあるフェロー研究員のお話。

~狂愛のサライ~

序章

フェローをこよなく愛するフェロー研究所の研究員、彼女の名前はサライ。

彼女はフェロー合成で新種のフェローを生み出す研究チームの研究員だった。

上着は研究員の白衣と、インナーに、I(LOVE)FELLOWのロゴ入り自作Tシャツ(お気に入り)

ちなみに、体型はボンキュボンのセクシーボディ!!本人はそんなものに興味ないので隠すとかあまり意識しておらず、意図せず周囲の目のやり場を困らせていた。

そんなある日、実験中に事故が起きた。なんと彼女自身がフェローと合成されてしまったのだ・・・!!!!

 

願望

皆は彼女を心底心配した。が、今回の事故はそんな彼女が意図的に仕組んだ事故だった。

彼女は幼い頃からフェローに憧れ、自分もフェローのように大地を駆け回り空を飛行できたら・・という願望を強く抱いていた。そんな彼女はフェロー研究員となってからもフェロー愛はますます膨らみ研究に没頭。フェロー合成の研究をしながら、密かに人間とフェローの合成を模索しており、ついに自身の身体を禁忌の実験に捧げたのだ。

彼女の実験は大成功のはずだった。しかし、ちょっとした問題があった。なんと飛行フェローではなかったのだ。上半身は人間で下半身はフェロー…中途半端な半フェロー人に飛行能力は無かった。

 

狂愛の

しかし彼女は諦めない。自分の身体に合った羽を機械式にて自ら開発、装着する事で飛行を実現させた。

機械式の羽根を実現する為、彼女は人間以外にもムラミ族、クロクン族、エルフ、昆虫族など、様々な種族の技術者に教えを請うべく奔走したという。

異常なまでのフェローに対する愛が成せる技だと、周囲の研究員ももはや呆れ半分に彼女を応援した。

いつしか、そんな彼女に「狂愛」という二つ名が付くようになった。

詳細な特徴

羽の接合部分の球体にシャナンのボール。眼鏡はフェローになったから視力が良くなり過ぎて、ダテメガネに。

肌は元々白い肌だったが、褐色へ。眼球の黒目は縦に伸び、色は赤になった。髪色は変わらず緑色。

自身が憧れのフェローになり、常に興奮気味なのでいつも赤ら顔で、足からはハートエフェクトが出ている

 

 

・・

フェローデザインというか、キャラデザインになってしまいました 笑

あと、これまでの道のりも貼り付けていきます。

原案ラフ色々

最初はこれでした。

最終的なラフはこれになりました。

あと、色々迷ってパターンを出した奴。

色々出してみて、やっぱり最初考えたやつがいいよねって、感じで、羽はガンダムウィングをイメージして機械化採用しました。(かっこいいから!!!!)

こっからちゃんと描きます。

色塗り前の線画

ラフからの・・・

こちら。

尻尾が突然進化しました。(急に孔雀の羽に触発されました。)

後ろ足の付け根に角も生やしてみました。(たまたまそういうフェローを参考に見ていたから)

羽と、羽と連結する為の胴体の装備は神話チックに変えてみました。(デザイン元はCLAMP先生の魔法騎士レイアースです!!!!!!ガンダムウィングの進化wwww)

だいぶ変わりましたね 笑

人が乗るとどうなるかなーというイメージ・・・このくらいかな・・・・?

色を付けていきます。

影と光を塗り込んでいきます。

エフェクトをつけます。

ハートエフェクトは足から出る予定が、羽からになりました。

その方が豪華かなって・・・・ 笑

エフェクトを綺麗にみせたかったので、提出背景は黒にしました。

ただ・・・これだとパっと見のイメージが、暗いというか、しかも参考イメージも1パターンしかないし。(素人感バリバリ!!!!)

ということで、、別案を・・・

説明文とかフォント位置はちょっとテキトーなんですけど。。

こういうのもつけたらよかったのかもしれませんね。

1枚にどういうレイアウトで入れるかという所を全く考えていなかったので 笑

とっても勉強になりましたーーー!!

お絵かき、疲れたけど楽しかった。

もっと上達したいので、たまに何か描きたいなと思って。

 


LINK:イカロスオンライン(ICARUS ONLINE)
LINK:イカロスM(ICARUSモバイル)